江戸時代から続く 由加・金比羅両参り

由加神社本宮

ご本殿厄除け・交通安全

金刀比羅宮

ご本宮海上安全・交通安全
由加神社
由加神社本宮(岡山県)、金刀比羅宮(香川県)との両社を参る「由加・こんぴら両参り」。「一生に一度はこんぴら参り」といわれていた金刀比羅宮に参詣するだけでなく、途中で厄除け総本山として知られている由加神社本宮にも訪れる参り方で、よりたくさんのご利益を享受することができるとされています。
現在でも由加神社本宮と金刀比羅宮との交流は続いており、毎年文化の日には両社の神火を使って由加神社で「由加山火渡り大祭」が行われます。祭りは点火した大護摩壇(だいごまだん)に願い木である護摩木を投げ入れ、くすぶり続ける火の中を裸足で渡る「火渡り荒行」が行われることで有名。一年間の無病息災を祈念します。
瀬戸大橋が開通して交通の便が格段に良くなった今では、両社の片道は車で約90分。気軽に両参りができるようになりました。たくさんのご利益を授かりに両参りをしてみてはいかがでしょうか。
また、東海道中膝栗毛の作者「十返舎一九」や江戸時代の豪商「塩原太助」なども両参りを行ったという記録が残されています。
 
倉敷由加温泉ホテル山桃花ロゴマーク
倉敷由加温泉ホテル 山桃花 〒711-0901 岡山県倉敷市児島由加3285
ご予約フリーダイヤル: 0120-377-026 TEL:086-477-5588 FAX:086-477-5666